確かな査定の着物買取に行こう

初心者も安心!手軽な着物買取

着物買取雑学 先染めと後染めに分類される着物の種類

着物の種類には大きく分けると、生糸を反物に織り上げた後に染めた後染めと糸の状態で先に色を染めてから、反物に織り上げた先染めの着物とに分類することができます。 日本独特友禅染というのは元禄時代の京都の扇絵師宮崎友禅斎が創始者のため、その名前から名づけられたと言われています。

手描き友禅は主に京都や金沢、東京などで染められ、三大友禅と呼ばれています。京友禅は遠目で見てもはっきりとわかる模様で、より優美にデザインされた花鳥風月を華やかに色鮮やかに描かれており、そのほかにも御所車や有職文様などの古典柄や伝統的な文様が描かれています。金箔や銀箔、金糸などの刺繍が入ったものがあるのも特徴です。

京友禅の技法では中の部分を国、外へ行くほどに薄くぼかした手法などで描かれるのも特徴の一つです。友禅染は14工程ほどあり、専業分業化しています。加賀友禅は金澤を中心に染められている友禅染で、落ち着いた色合いで自然を巧みに描き出すのがその特徴です。京友禅とは違い、中を薄くぼかすというのも特徴の一つです。

また江戸友禅と呼ばれるという東京地方の友禅染は、きらびやかな京友禅と比較すると渋く抑えた色調が特徴で、模様付もあっさりとしています。京友禅とは異なり一人の友禅師が構図から下絵、糸目糊、色さしなどを行います。その他にも後染めの着物としては江戸小紋や絞りなどの技法が有名です。

それに対して先染めの着物というのは反物になる前の糸の段階で染色したもので、触った感触や風合いから、硬い着物織りの着物とも呼ばれます。着物の核としては先染めの着物よりも後染めの着物の方が上になります。先染めの着物の紬は、普通は街着とされていますが、近年よく見られるようになった紬時の訪問着などは柄つけによって、あまり正式ではないパーティーなどに来ていくものができるものもあります。絹の着物では紬、御召、紗など、木綿の着物では久留米絣、弓浜絣、麻の着物では小千谷縮などの種類があります。

着物は日本古来の服装であり、どんな洋服よりも華やかで日本人を美しく見せる服装だと言われますが、現代人の生活ではあまり着物を着ることはなくなりました。親から受け継いだり、以前自分で買ったものでもせっかくの着物が全く袖を通さないままのものがあるなら、着物買取を利用するのもおすすめです。

大切な着物を手放すときにはリサイクルショップなどを使うのではなく、着物買取専門店を使うのがおすすめです。着物買取専門店なら、自分の大切な着物の価値を正確に査定してもらえるので安心です。着物買取を上手に活用することで、自分では着なくなったものでも、着物買取店を利用した誰かの元で再び大切に着てもらえるようになります。

Copyright(C)2014 確かな査定の着物買取に行こう All Rights Reserved.