確かな査定の着物買取に行こう

初心者も安心!手軽な着物買取

着物買取を有利にするためのコツや裏ワザ

有利な条件で着物買取してもらいたいと思うときは、あらかじめコツや裏ワザを知っておくことです。 特に重要なポイントになるのは、どんな買取業者に持っていけば有利な条件で着物買取してもらえるのか、そしてどんなことが高額査定につながるのか、この2つです。 この2つのポイントを抑えておくことが、着物買取のコツを覚えることになります。

まずどんな買取業者に持っていけばいいのか考えましょう。 有利な条件で着物買取してもらうためには、端的にいって、優良業者に持っていかなければなりません。 では優良業者とはどのようなものでしょうか? それは次のような業者のことです。

まず、着物に関して幅広い知識と経験のある鑑定士のいる業者です。 これが最も重要なことだといっていいでしょう。 着物にはさまざまな種類、色、デザイン、流行り、伝統、アンティークなどがあります。 これら一つ一つの価値を見極め、細かい長所でも汲み取ることができる鑑定士でなければ、正当な評価を与えることができません。 そのためには豊富な経験、実績のある鑑定士でなければいけません。 そのような実績十分な鑑定士にいるところは、優良業者の必須条件となります。

また、プライバシーに配慮できることも重要です。 着物買取を依頼する人の中には、なるべく情報が他所に知られないようにしたいと希望する人もいます。 そのあたりをよく考慮して、プライバシーが守られるように配慮してくれる業者もまた、優良業者といっていいでしょう。 他にも、接客や対応が丁寧なところ、買い取り金額について根拠をもって説明してくれるところもよい業者です。

さて、着物買取ではどんなことが高額査定につながるのでしょうか? それは次のようなものです。

浜縮緬など正絹上等品であること、伝統産地のお品であること、帯は収納箱など付属品があること、有名作家のもの、保存状態のいいもの、流行りの柄であることなどです。 他にも、総絞り・金駒刺繍・相良刺繍など特殊な技巧が加わったものは高額査定に繋がります。

デザインについては、どんな人がデザインしたかが査定額を左右します。 高名で人気のある人がデザインしたものほど査定額はアップします。

一方、査定額を下げてしまう要素、あるいはマイナス査定になりやすいものもあります。 例えば、ウール素材のものは引き取り不可となることがありますし、ポリエステルなど化学繊維ものものは査定額がつき難いといわれています。 また古い柄のもの、サイズの小さなものも査定金額は低めになるといわれています。 こうした点も注意しておきましょう。

Copyright(C)2014 確かな査定の着物買取に行こう All Rights Reserved.